2.転職の成功と失敗〜なぜ失敗する人が多いのか?〜

転職は成功すべくしてしている人もいれば逆も然りで失敗すべくして失敗している人もいます。そして、最初のヒヤリング段階ではほとんどの人が失敗する軸や考え方で転職活動を進めようとしています。それに気づかないまま転職活動を行うと、仮に入社できたとしてもまた同じことを繰り返し、しまいには取り返しのつかないくらい経歴に傷がついてしまうケースがあります。

どのような人が失敗する傾向にあるのか?
①今までの経験で選ぶ
今まで事務をやってきたから今回も事務職を希望する
②お金で選ぶ
より給料の良い方の会社にする
③福利厚生で選ぶ
土日休みや残業の少ない所で絞る
④面接官の相性やフィーリングで選ぶ
面接官の雰囲気がよかったから、何となく良さそうな会社だから
人と接するのが好きだから接客や営業を希望する
自身も成長していきたいからベンチャーを選ぶ
⑤会社の安定性で選ぶ
長い歴史があり、事業が安定しているから

というのが、よくある例です。

 

ではどのようにしたら成功するのか?
それはどれほど深く自己分析できているかと、職種について理解しているかにつきます。
①職務内容や会社が提供するもの、理念が自身の実現したいことと合っている仕事・会社を選ぶ
②職務内容が自身の適性と合っている、強みを最大限生かせる仕事・会社を選ぶ
③job型の賃金制度に移行していく中で、将来のキャリアビジョンを見据え、尖った専門性を持ち続けるという視点で必要なスキルが身につく仕事・会社を選ぶ
ということが肝心です。
 
性格や志向性に合う仕事、合わない仕事というのは間違いなくあります。どのタイプの人がどんな職種に合うかということも知っておく必要があります。
 
そのほかにも自由度や公平性、貢献感など成功につながる要件はあります。
しかし、人生において実現したいことはどんなことで、自分はどんな強みやスキルを持っていてどんな性格でそれに合う職種は何かということを知る・明確にすることの方が何よりも大事なのです。
 
そういった自己分析、仕事分析、会社選びの支援をさせて頂きますので、転職やキャリア、自分探しに迷っている方はお気軽にご相談ください。

関連記事一覧

  1. latent-footer
  2. whywork

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP