転職や自己分析の前に「自己肯定感」を高める!

転職や自己分析の前に

人によっては大事なことがあります。

それは自己肯定感を高めることです。

日本人は心配性人種と言われています。

諸外国と比べ、不安が強い、人の目を気にする、

繊細、悲観的、ネガティブにフォーカスする、

なんでもYESと言ってしまうなどの人が多いようです。

そういった特徴が日本のホスピタリティや高品質、

秩序というものを作り上げてきましたが、

一方で鬱になる人や自殺者が多いのも、この性質による

ものだと言われています。

よくこんな相談を受けることがあります。

「上司とうまくいかなくて仕事を休んでいます」

「また人間関係が上手くいかなくて転職を考えています」

「自己分析しても自分に良いところがありません」

「自信がなくて、踏み出せません」

そう言った場合、やるべきは次の転職先を探すことではありません。

なんとなく人間関係が良さそうな会社や温かそうな会社、

従業員に優しそうな会社で探してもいずれ同じメンタルの

問題にぶつかるからです。

そして、自己分析をしても自分の「ネガティブな部分」

にフォーカスする癖がついているので、客観的で正しい

捉え方ができない、原動力を探っても前向きなものが

出てこないことが多いです。

自己肯定感は知識と習慣で間違いなく、高まります。

後天的に修正可能な、よりよく生きるための

「テクニック」です。

毎日継続することで前向きMINDに変わり不安が

軽減されてきた人を何人も見てきました。

不安が強い、人の目を気にする、繊細、悲観的、

ネガティブ に思い当たる節がある方は、

まずはどうやって自己肯定感を高められるか、

ポジティブな面にフォーカスできるかに注力しましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP