仕事選びの基礎

皆さんは自身のキャリア形成の一つとして転職を選択するときどのようなきっかけで、どのように進めるでしょうか?

・希望の職種で働けていない
・今の仕事があっていない気がする
・仕事が面白くない
・社風が合わない
・上司との関係が良くない
・成果が出ない
・給料が低すぎる
・上の人を見たときにこのようになりたくない
・シフト制の勤務体系を変えたい

様々な理由があると思います。

そして、進め方としては

とりあえず転職エージェントに登録する
求人媒体をみる

という方が多いと思います。

しかし、本当にそのやり方でいいのでしょうか?

求人を見る前にやるべきことがあります。
それは

①自分の「原動力」「強み」「価値観」「性格」「スキル」「実現したいこと」を把握する
②将来ビジョン設計を行う
③職種研究、業界研究を行う
④自分の性格や価値観に合う社風を明確にする
⑤自分の強みを生かせ、実現したいことを達成できる仕事を明確にする

ことです。

目指すべきゴールが決まっていないと目的地が決まっていない旅に出ているようなもので、いつまでたってもたどり着きません。
そして、自分らしさを生かすにはまずは自分を知ることからです。

この工程を行わず転職活動を始めると、なんとなくの軸で(例えば人と接する仕事がしたい、人生の転機に関わる仕事がしたい等)、なんとなく求人を眺めてなんとなく良さそうな会社を受けて、結局入ると思っていた仕事と違った、社風が人間関係が合わなかった、心から進められる商品ではなかったということになりがちです。

まずは「自己分析」と「ビジョン設計」「仕事研究」から始めてみましょう。

ただ、これを自分自身の力で行うには限界もあります。そういった場合はお気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP